2005年09月01日

コマワリちゃん

05-09-01_13-01.jpgウチのベランダの向日葵がやっと咲いた。画像では大きく見えるけど、ホントは2mくらいになるはずの大輪の品種。ほれ、向日葵と聞いて思い浮かべる、あの花のことよ。それをプランターに10個も種をまいたもんだから、ひょろひょろ〜っとした貧相な5cmくらいの「コマワリ」になっちゃった(笑)。向日葵と呼ぶにはかなり華奢だけど、咲いてくれてありがとねって思う。だって、春に植えたチューリップの球根は全滅と言っていいくらい不発だったし、このコマワリちゃんだって白い虫がいっぱいついて、木酢液スプレーしても効果ナシで、次々に葉っぱが枯れちゃって。世話してるあたしの流れ(コレについてはひとつ前の記事読んでね)がホントに澱んでたし、咲かないのは仕方ないだろうな、とあきらめモードだったんだもん。コマワリでも許す許す、ちこう寄れ(笑)。夜になるとすっかり涼しくなって鈴虫の声も聞こえてくる今日この頃、夏の終わりに咲くコマワリちゃんに想いを馳せるあたしなのであった。
posted by paraguas at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アクティブ宣言

長かったホントにホントに長かった夏休みがやっと終わって新学期がスタート。もう、やれやれって感じ。この日を首をキリンさんにして待ってたヒトはあたしだけじゃないはずだ。やった、ブラボー!バンザーイ!えーっと、ナニ書こうと思ってたんだっけな。あ、そうそう。一年は12ヶ月あって、それぞれに「一日(ついたち)」があるんだけど、一月と四月と九月の「一日(ついたち)」は特別というか、他の月の「一日(ついたち)」とは違った大きな「節目」って感じがするって話。一年の慶は元旦にアリー・マイラブ揺れるハートって言うけど、この「一日(ついたち)」をどう過ごすかってことはけっこう大切なコトなんじゃないかと思う。自慢じゃないけど、あたしは今年すこぶる体調が悪かった。どっかが悪いってワケじゃない。だけど、いつも調子が悪くて生気がないワケ。ビョーキのようでビョーキでない、べんべんって感じ(笑)。クスリ飲んだって安静にしてたってあんまりよくならない。そんな自分にイライラしてまた凹む、そんな繰り返し。そーゆーのって「流れ」みたいなのが悪いというか自分の望んでない方向に流れてるって思う。なんていうか、運気のようなもの、自力だけじゃどうにもならないもっと大きな力が動かしてる、そういう流れ。だから、それをどっかで変えるにはやっぱり自力ももちろんだけど、もっと大きな力を借りて、流れを変えやすい「節目」に動かなくちゃな、と。つまり、仕切り直すのに「一日(ついたち)」ってのはちょうどいいんじゃないかってことで。すっかり前置きが長くなっちゃったけど、つまりはアレよ(なんだよ)。あたしエアロビ始めたのよ、ほぼ1年ぶりに。たぶん、明日は筋肉痛だな。あ、ごめん、見栄張ってた。筋肉痛は明後日だよね。ふんだ、どーせ、若くないわよーだ(自爆)。
posted by paraguas at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。