2005年12月13日

痛み

誰かの書いた文章にひどくココロが痛むコトがある。
それが、あたしに宛てたものではないコトは
わかりきっているのに。

そして、あたしの書いた文章にも、
誰かがココロを痛めているのかもしれない。

たとえば劣等感だったり、罪悪感だったり、
そういった自分のココロのなかの痛いモノってヤツは、
きっと、あたしに限らず誰のココロにも住んでいる。

誰かの文字のなかに、
自分のココロのなかの痛いモノを見つけると、
たぶん、無意識なのだろうけど、
ココロが悲鳴を上げてしまうんだろうな。

「痛いところを突かれる」
という言葉があるけど、まさにそれなのかもしれない。

誰かの文字に嫌悪感を抱いたり、不快に思うときもある。
それはきっと、
その誰かが出しているオーラみたいなもののなかに、
自分を見てしまうせいなのだろうな。

ネットには言葉があふれていて、
その言葉を使うヒトのココロも千差万別で、
そのココロだっていつも同じ位置にいるワケではないのに。

その言葉を読むヒトのココロも千差万別で、
やっぱり、そのココロだっていつも同じ位置にいるワケじゃない。

ヒトはヒトのなかに「自分」を見つける。

あるときは共感し、あるときは反感を持つ。
あるときは嬉しくなり、あるときは悲しくてやりきれなくなる。

「痛み」は自分のなかにある。

傷ついたと思うとき、
それは誰かから受けた傷のように思うことが多いけど、
本当は自分で自分を傷つけているコトだってあるんだろうな。
あるいは、
自分の傷に誰かの言葉が刺さってしまった、というようなコトも。

思いやりにあふれた愛のある文章にさえ、
ヒトは簡単に傷ついてしまう。

痛みに強くなればいいのか、
鋼鉄の鎧を着て完全武装すれば傷つかないのか、
でも、それはきっとありえない。

「痛み」はいつも自分のなかにあって、
それがどんなに痛いものでも、つらいものでも、
癒せるのは自分だけなんだろう。

少なくとも、その痛みは自分にとっての
かけがえのない経験値なのは間違いのないコトで、
その痛みなくして、自分というものはココには存在しない。


これからもきっと、
誰かの文字のなかにあたしを見つけては、
あたしは自分の傷に痛みを覚えるコトだろうけど、
ひょっとしたら、それが生きてるってコトなのかもしれない。

・・・なんてコトを想う、朝のひととき。
posted by paraguas at 09:08| Comment(6) | TrackBack(1) | ヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
心にとっても沁みるエントリーでした。
目頭が熱くなって、過去や現在の『言葉』が溢れてきて、収拾が付かなくなったけれど‥(^^;;;
ブログにすることで整理をつけようとしたけれど、
まだまだ‥です(^^;;;(^^;;;
病気をするのも、入院するのも、傷つくのも、
きっと『生きてる証拠』なんですよネ
頑張らなきゃ。でも、マイペースで‥。(^^;;;
p(^^)q Shining!!
Posted by thorn_rose at 2005年12月13日 13:19
姫、トラバありがとう。
トラバ返しの術、しておきますね(笑)

生きているから傷もつくし、泣きもする。
もがいたり、のた打ち回ったり。

でも、それはある意味ではすごく幸せなことなのかもしれない。
そんなふうにも想います。(^^)
Posted by paraguas at 2005年12月13日 13:39
トラバ&コメント返しの術、嬉しいです♪
で、私の方のコメントの疑問に対するものがここに‥
『幸せ』
(゜゜)(。。)(゜゜)(。。)ウンウン
いろんなことが悲喜こもごもありながら、結局は
『幸せ』だと思えれば、それでいいんですよネ
『感謝力』っていう言葉があるけれど、
きっとそれですネ
自分の方にも‥ φ(.. )メモメモ
Posted by thorn_rose at 2005年12月13日 14:07
何が幸せで何が不幸かなんて、
計ることのできるものさしなんてないものね。

試練というものがあるのなら、
きっと越えられないハードルは用意していないはず。

「幸せ」と感じられるのが能力なのかどうかわからないけど、
どうせなら「感謝」できる人間でありたいと思います。
いつも幸せは自分のなかにある。
でしょ?(^^)
Posted by paraguas at 2005年12月13日 14:21
はじめまして☆彡

私も、文章を書いていく中で、
誰もが共感してくださるわけでないことも
分かっています。
私の気持ちに違和感を持つ方も
いらっしゃるかもしれません。
そういう事実に突き当たることがあると・・・
日記を書いていくこと
とてもとても怖くなってしまいました。
御主人様にその気持ちを話すと、
「ここは、お前の『正直な気持ち』が出ているいい場所になっている。」
って言ってくださいました。

・・・それでいいんですよね。
誰もが共感してくださることは
あるはずがありません。
だけど、私は自分の正直な気持ちを
正直に書いていったらいいのかな?って
思います。
Posted by marie at 2005年12月17日 19:11
marieさん、いらっしゃいませ。(^^)

共感も反感もありますよね、当然。
生き方、考え方、感じ方、みんな違いますもん。

とは言っても。
共感してくれるヒトを求めて書いてる、ってトコは
少なからずありますよね。^^;;;

だけど結局。
自分に書けるコトしか書けない。
頑張っても背伸びしても無理は自分に返ってくる。
のびのびと書きたいときに書く。
それでいいんじゃないかな、と今のあたしは思ってます。

Posted by paraguas at 2005年12月18日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

凸凹アップダウン‥でアップ↑♪
Excerpt: 私の過去ログ:永遠の“問い”の中で、こうすればこうなる、なんていうマニュアルは一切通用しなくて‥ 結局、自分らしく、誠実に生きるしかない‥ 一生懸命に生きるためには、人は、支え合いもするし、でも、..
Weblog: +++甘美で淫靡な泪壺+++
Tracked: 2005-12-13 13:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。