2006年01月23日

ヘンな夢

ミョーにリアルな夢を見た。

ハニーと一緒にお食事会をしていて、
あたしは帰り際にどこかに立ち寄った。
そこにはなぜか仰木監督がいて、
その横にマネージャー風の金田賢一の姿が(笑)。

あたしはカントクの前に歩いていって声をかける。

「ワタシは、いま起こってることが感動的に思えないんです」

ジャーマネ金田が「何だ、このオンナは?」みたいに
怪訝そうな視線をあたしによこした。

カントクは仕立てのいいスーツを着ていて、
紳士的にかつとても優しいまなざしで、
あたしに話の先を続けるように促してくれた。

「ワタシに起こっているすべてのことが
奇跡的なんだと感じられなくなっているんです」

ジャーマネ金田がまた怪訝そうな顔であたしを見る(笑)。

カントクは優しい笑顔のままであたしにこう言った。
「このお嬢さんはいいことを言うね」


・・・そこで目が覚めた。
夢診断ではこういうの、何を示唆してるんだろう。
posted by paraguas at 10:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夢。何を示唆しているのか知りたいときがありますね。意味がないのならそれでもいいのですけれど。
朝になって妙に疲れていて、いったい何の夢見たのやら。。。そんな朝を迎えましたです。
顔には、携帯のあとが。。。
痕が昼までのこるのは、、、、年かしらん(汗
Posted by aru at 2006年01月27日 00:22
aruちゃん、いらっしゃい。(^^)

顔に携帯の痕・・・って(笑)。
いったいどーゆー夢を見てたのかしらねぇ。
携帯の中に入ろうとでもしてたのかも?

>痕が昼までのこるのは、、、、年かしらん(汗

んむ。
それはノーコメントってコトで(苦笑)。
Posted by paraguas at 2006年01月27日 09:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。