2006年02月13日

飄々と淡々と

最近のあたしは(これでも・笑)浮き沈みがゆるやか。
フリーフォール並みだった感情の起伏も、
手を上げて楽しめるジェットコースターレベルになり、
今では、ちっちゃい子でも乗れるミニコースターくらいに
なったんじゃないかなあと、自己分析したりして(笑)。

あたしが一番苦手だったのは、
何か起こったとき、とゆーか、
精神的に切羽詰った状態のときに、
「やり過ごす」ということだった。

流れに任せる、時間にゆだねる。
そういうことが本当に苦手で、
いつも真正面からどうにかしようとして、
グルグルと同じ場所で、
ハムスターみたいに回ってるのがオチ(苦笑)。

それが少しずつだけど、やり過ごすとか受け流すとか、
いったん自分の脇においてみる、とゆーよーな、
そんなコトができるようになったのは、
あるひとの影響なんだろうな、と思う。

飄々と淡々としているそのひとの前で、
深刻ぶっている自分がなんだかバカバカしく思えてきたりして、
だから、なんとなく「ま、いっか^^」でおしまいになっちゃう。

そういう視点はあたしにはなかった。
だから、今、とても新鮮。(^^)
posted by paraguas at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒトリゴト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13222256
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。