2005年08月26日

四十八手を学ぶ

ふと「あたしが好きな体位って四十八手ではどういうんだろう?」って素朴な疑問がわいた。ったく台風一過の澄みきった空の下であたしってばナニ考えてんだか(苦笑)。「四十八手ナビ」なるものを見つけて、近い体位から検索してみる。うーん、なるほど。おぉ、これはものすごく便利かも。・・・って、どういうときに使うんだよ(ひとりツッコミ)。あたしの好きな体位は基本的には3つしかなくて、屈曲位・騎乗位・背後位のローテーションで十二分に満足する。(誰に向かって訴えてんだ?)で、それを四十八手ではどういうかってことを調べたかったんだけど、ドンピシャリっていうのはないものなのねぇ。屈曲位に関しては壽本手(ことぶきほんて)理非知らず(りひしらず)に近いけど、足が両肩にかかってないのが気に入らない(笑)。騎乗位は・・・えーと、時雨茶臼(しぐれちゃうす)っていうのね。背後位は逆手からみ(さかてからみ)っていうらしい。ほほぉ、座禅ころがし(ざぜんころがし)っていうのもあるのね。うん、勉強になります!それにしても、窓の月とか虹の架け橋とかひとつひとつが風情のある呼び名だよねぇ。ジャパンウーマンたるものもうちょっとベンキョーした方がいいかも。いや、お相手にベンキョーしてもらうほうがいいのか(笑)。あー、こんな画像ばっか見てたらますます悶々としてきちゃった気もするけど。こんな占いもあるよ。→体位占い
【追記】
足を両肩にかける体位の名前、深山本手(みやまほんて)というらしい。体位占いをやったら「本日の体位はコレ」って出たもんだから、調べたら・・・ビンゴ!(笑)ひとつお利口さんになっちゃった。
posted by paraguas at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 本日の小ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。